iPhone11へのデータ転送が簡単だった

流行りに乗ってiPhone11を買いました。
アッポーのウェブサイトから。

新端末へのデータ転送の仕方がiCloudバックアップを使わなくても簡単にできるようになったらしいので、早速やってみた。

電源を入れます。


いつものように多言語でご挨拶して下さいます。礼儀を弁えていらっしゃって素晴らしい。
 

クイックスタート


旧端末に近づけると、自動的にデータ転送用画面が出る。科学の進歩ってすげ〜
ちなみに、iOSのバージョンは11以上にしておくこと、電源に繋いでおくこと、Wi-FiとBluetoothはオンにしておく必要あり。

新しいiPhoneを認識させる


この、新端末に表示されている青いモヤモヤを旧端末のカメラで読み込ませる。異次元への扉みたいで怖い。 

データ転送スタート


あとは勝手に移行作業をしてくれる。その際は両端末を近くに置いておくこと。
大体所要時間は1時間程度らしいが、最初4時間と表示されてゾッとしたが、ちゃんと1時間という表示に戻ってその通りに終了した。

データ転送完了


写真が1万枚、メールも1万通あるヘビー級データ量だったが、ちゃんと1時間程度で終わった。
転送完了後は、新端末が再起動する。
全てきちんと復元されておりました!

SIMカードの入れ替え

端末の電源を切って、元々使っていたソフトバンクのSIMカードを旧端末から新端末へ入れ替え。特になんの設定もせず電話もSMSも使えた。

何も気にしなくていい

今まで新端末は携帯ショップで買って、店員さんが全て設定してくれていたので今回自分でちゃんと設定、転送できるのか不安だったが、1時間放置しておくだけでちゃんとできた。Appleすげ〜天才。



iPhone7から11、どちらもproduct RED…色がかっこいい上に寄付もできるなんてイイネ!