ひもの日記

バンコクひとり旅① 〜念願のタイ国際航空〜

唐突ですが、ずっと行きたかったバンコクへひとり旅キメてきた。

タイ料理もタイマッサージも大好きなので
ずっと行きたかった国でした。

旅程は2泊4日 航空券はスカイスキャナーで手配。(71000円だった)


この紫の機体、CAさんの制服、ワイの憧れが現実に…

機内に入ると早速笑顔がキュートなCAさんが「サワディーカー」とワーイ(合掌のポーズ)で出迎えてくれてテンションがあがる。
この時ちょっと涙出た。(情緒不安定)

いざ離陸

台風の影響で離陸まで1時間遅れ。
飛び立ったあとはドリンク&軽食のサービス開始。



亀田製菓の味ごのみwww
お腹が空いてたので一瞬で完食。
こういうおつまみってさ〜久々に食べると物凄く美味いよね。

タイ国際航空の機内食

そのあと程なくしてお待ちかねの機内食!
タイ国際航空の機内食はレベル高い&タイ料理が出ると聞いてめちゃくちゃ楽しみにしてたのでワクテカ脇汗が止まらない。
しかもさっきからほんのりとタイ料理の香りがするし。は〜はやく食べたいんじゃ〜!!!!!!!!!!!!!!!


先ほどのキュートなCAさんがようやく私のところまで来て、
「beef or chicken?」と聞くので、牛肉!?牛肉食べたい!!と思った私は牛肉を選択。


サーブされたお食事はこちら

ゑ……???

日本食……………??????
さといも??ソバ???

さっきの香りはもしやchickenだったのか…???

脳内パニック処理が追いつかないが、とりあえず腹は物凄く減っているので食べてみる。

うん、、、、
めちゃくちゃおいしいよね…😂

牛肉はしぐれ煮のような感じ。ウマイ。
お蕎麦は別添えのつゆと薬味をかける。ウマイ。
奥にかまぼこときんぴらのようなもの。ウマイ。
ロールパンとバター。炭水化物だらけだけど、ウマイ。
デザート、ウマイ。

日本食サイコーo(^o^)oo(^o^)oo(^o^)o

満足した。
隣のおっさんも、その隣もbeefだったからチキンの全貌は結局わからず…
帰りの便に期待するのであった。


朝4時半起きで寝不足だったので、
そのあとはすぐに寝てしまった。


ちょっと意外だったのが、機内食が終わってしばらくしたら機内が消灯したこと!
夜でもないのに…国際線では普通なのかな!?
さっさと寝ろやテメエラって感じ。(ちがう)

タイへ初上陸

現地時間15時半過ぎ、時差は2時間あるものの約5時間のフライトを終えて無事スワンナプーム空港へ到着。


田園地帯?長方形だった


入国審査を受け荷物をピックアップ、
バーツを両替してイモトのWiFiをONにして、
ちょっと休憩して、
ホテルへ向かうのじゃ

てかレンタルWiFiよりもSIMカードの方がええんかな??難しそうだと思ってたけどSIMカード使ってる人多いみたい

空港からバンコク市内へ

ホテルへはエアポートレイルリンク☞MRT(地下鉄)を乗り継いで移動。

切符はコインのようなもの。台湾と一緒じゃな

しかしバンコクの改札のゲート、閉まるのが早すぎて通り抜けるのに間に合わず二回もグエッと引っかかってしまった…
チンタラしてるワイが悪いんや…後ろの人ごめんやで

泊まったホテル

今回のホテルは、
「グランデセンターポイントホテルターミナル21 」

バンコクでも有数の大型商業施設である「ターミナル21」に入っているホテルで駅からも直結!
女ひとり旅で何かと不安なので、駅&ショッピングビルにに直結しているこのホテルを選んだ。トリップアドバイザーの評価も高いしね

ホテルの予約はagodaでした。なんか半額とかだったから2泊で29000円…
バンコクは五つ星ホテルでもお手頃価格で、スーペリアルームでもこの値段。


エアポートレイルリンクはマッカサン駅で降りてMRTへ乗り換え、このホテルの最寄りはスクンビット駅。(BTSだとアソーク駅)



目的地へ降り立ったものの、ターミナル21への行き方がイマイチわからなかったので近くにいたイカツメの警備員さんに拙すぎる英語で聞く。
快く教えてくれて、今回初めての「コップンカー!」を使ったところ、
ニコッて笑ってくれた!!


さすが微笑みの国タイ…



この旅行中、もれなくみんな笑顔で返してくれたので微笑みの国という愛称はマジものだった。嬉しいな〜😆


ホテル到着、
チェックインもなんとか済ませ(部屋を無料アップグレードしてくれた!)
ポーターさんが荷物を持ってくれていざお部屋へ。


め、めっちや広い…
景色すげえ…!!!!!!


思わずスゴーーイ!と言ってキョロキョロしてる間にポーターさんが出て行こうとしたので、
う、ウェイト!!と引き止めて人生初チップを渡した。(20B)
ポーターさん、照れ笑いして丁寧にコップンカーしてくれた。

広いベッドに素晴らしい景色
疲れも吹っ飛びテンションだだ上がり!!
とりあえずベッドにダイブしてすこし休憩し、もう夕方だったので夜ご飯を食べに行くことにした。