ベトナム・ハノイひとり旅②「ダックキム」のブンチャーとカオスな交通事情

 Xin chao

前回の記事はこちらから。

www.himonochan.com

 

ホテルに到着したが、既に疲れていたので1時間ばかしゴロ寝。

時間は夕方17時過ぎ。ちょっと早いが夕飯を食べに行こう。しかし、外に出るのに勇気が要るな〜・・・

 

なぜなら

 

道路がカオスすぎる

市内へ向かう送迎タクシーの中からその交通事情を目の当たりにして、私は言葉を失っていた。

 

街中に信号がないのだ

 

f:id:novausagi:20200126025432j:image

 

バイク、バイク、バイク、バイク、バイク、バイク、車、バイク、車、絶えず鳴らされるクラクション。

その間を歩行者が縫うように歩いていく。大丈夫?これ轢かれるやつやん?

信号もなければ横断歩道もほとんどない。歩道はバイクが停まっているのでもはや歩く場所がない。じゃあどこを歩くのか?車道の端である。もはや走行中のバイク、車とゼロ距離・・スマホで地図を見ながら歩くと非常に危険なので気をつけましょうね。

 

ビビりながらも、ベトナム初の食事処へ向かいます。

 

「ダックキム」のブンチャー

記念すべき1食目はベトナムの麺料理「ブンチャー」

ベトナム風つけ麺みたいなものであり、かのオバマ大統領がハノイに来た際に食べたものとしても有名。今回は、そんなブンチャーの老舗でガイドブックにも必ず載っている超有名店「ダックキム」へ。ハノイの旧市街地にあり、ラッキーなことに滞在しているホテルから徒歩10分くらいで行けた。

 

f:id:novausagi:20200126025500j:image

 

どローカルな食堂ですね。(ご覧ください、このバイクの疾走感を。。)

店頭にいる忙しそうなおねえさんに指で「ひとりだよ」と見せて猛アピール、「そこ」と指された場所に着席。もちろん相席。

 

ブンチャーと揚げ春巻きのコンボ 90,000ドン

f:id:novausagi:20200126025545j:image

 

さあ、90,000ドンは日本円に換算するとおいくらでしょうか?ゼロをふたつ取って÷2ですね。450円程度。このボリュームで450円。安い。

 

ブンチャーとは、

米麺「ブン」を山盛りハーブと一緒に、炭火で焼かれたつくねと豚肉がゴロゴロ入ったニョクマム(魚醤ベース)の温かくて甘酸っぱいスープにつけて食べる料理。

 

ネットでは、「ブンチャー本当に美味しい」「ブンチャーの味が忘れられない」と絶賛の嵐だったのでどんなもんかかなり期待していたが・・

 

めっちゃうまいこれ

まずスープが美味しい、表現しにくいが甘酸っぱくて美味しい。それにブンとハーブをつけて食べる、口の中でスープとハーブが合わさってカーニバル状態。パクチー、シソ、ミント、あとはよくわからないがとにかく爽やかさが爆発。最高。

 

f:id:novausagi:20200126025642j:image

 

そしてスープに入っているお肉がまた美味しすぎる。シソ巻きつくねと豚バラ肉がゴロゴロ。炭火焼きなので香ばしいし食べ応えがある。日本人も大好きな味だこれは・・そりゃオバマさんも食べるよね〜と感動。(オバマは日本人ではない)

 

しかし、ご覧の通りブンの量がえげつないので半分食べたあたりでギブアップ。最後の方は山盛りハーブをちぎってスープに浸してお肉と一緒に食すという良くわからない食べ方をしていた。満腹、満足。道路に面しているので、ハノイの夜風と排気ガスにあたりながら食べるブンチャーは最高だった。

f:id:novausagi:20200126025711j:image

※ダックキムは食べるところが道路を挟んで2か所ある。ここが空いていたので直接入ってみたけどOKだった。

 

ハノイは「揚げ春巻き」

そしてセットの揚げ春巻き。ベトナム語で「ネムクアベー」と言う。

ベトナムといえば「生春巻き」のイメージがあるが、ハノイでは揚げ春巻きがメジャー。中身はエビ、カニが中心の海鮮系。これもサクサクでぎっしり中身が詰まっていて美味しい〜〜!なかなかの量があり、最後の方は飽きてきたのでブンチャーのスープに浸して食べた。最高。

 

食事をする前に・・・

ちなみに、箸やフォークは食べる前に紙で拭いてから使うのがベトナムの習慣らしい。(なぜならきちんと洗われていないことがあるから)相席したベトナム人カップルも同様にしており、なんと私の分も渡してくれた。優しい・・

 

帰国した今でも、このブンチャーの味が忘れられない。

 

 

ベトナム・ハノイひとり旅①ベトナム航空でハノイ・ノイバイ空港へ

シンチャオ

年末の休暇を利用して、
ベトナム・ハノイ
に行ってきました。




なぜ🇻🇳ベトナム🇻🇳かと申し上げますと、

本場のフォーとベトナムコーヒーを味わいたい
という理由のみです。

なぜホーチミンではなく首都のハノイなのか?と申し上げますと、

ホーチミン行きよりも航空券が1万円安かった、
フォーの発祥地、古き良きベトナムを感じられる
からです。まぁ、大きな要因は航空券が安かったことだけども‥


初のベトナム航空

今回はベトナムのフラッグキャリア、ベトナム航空で。福岡→ハノイまでは5時間くらい。

ベトナム国花の蓮とグリーンカラーがシンボルのベトナム航空、ずっと乗ってみたかったから楽しみだった。CAさんの制服はアオザイ。美〜!!!

機内のブランケットもテーマカラーのグリーン。

ちなみにクリスマス前に渡航したので、乗客の日本人比率は少なめで、在住ベトナム人が多めだった。

機内食

さっそくおつまみ配布。腹減りだったので一瞬で完食。


お待ちかねの機内食。チェックインカウンターに、「機内食は日本食もしくは洋食からおえらびいただけます」と書いてあったので、どんなもんかと思ってワクワクしていた。ベトナム航空の機内食はあまり美味しくないという評判を見かけていたので過度な期待はよくないと思いつつも、なぜか日本食をオーダーしてしまった。

メインは親子丼だった。
副菜に、根菜の煮物と酢の物、パン‥

これ、
めっちゃおいしかった
味が濃くて出汁が効いてて、今まで食べた機内食の中でトップのうまさだった。副菜もクオリティ高い。夢中で食べた。


そして、デザートが

蒸しきんつばww
なぜきんつばをチョイスしたのか?

隣に座っていたベトナム人はものすごく怪訝そうな顔できんつばを眺め、注意深く匂いをかいでいた。

福岡発は機内エンタメ無し

腹一杯になったところで、機内が暗くなったので眠ろうとしたが、眠れるわけもなく、機内エンターテイメントもない中、ひたすらボーっとして到着まで待ったのであった‥
機内エンタメがないフラッグキャリアなんてあるんだ〜‥と新たな発見。
上部の収納式モニターでなぜかライオンキングが流れていたが、(字幕も音声も無し)
一定の間隔で閉じたり開いたり意味のわからない動きをしていた。


となりのベトナム人は一生懸命、無音のライオンキングを見ていた。


いざ入国

ハノイ・ノイバイ国際空港に到着し、早速長〜い列の入国審査。

ベトナムは滞在期間30日以内だとビザが免除されるが、それ以上の滞在はビザが必要だから要注意。
そして帰りのeTicketも審査官に見せないと入国できないケースが多々あるらしいので印刷しといたほうが絶対いい。

審査官から、「Visa」と言われて一瞬焦ったが、「すでに◯日の航空券を予約している」と伝えてeTicketを見せたら無言でパスポートにスタンプを押されたので良かった。


1時間くらい入国審査に時間を取られてしまったので荷物はターンテーブルからすでに床に下ろされており、大量のスーツケースから自分のものを探すのに一苦労‥

ゼロの多いベトナムドンに両替、早速その桁に混乱しつつ、SIMカードも購入。(iPhone日本語のまま店員さんに渡したけど秒で設定してくれた)

ちなみにベトナムドン→日本円の簡単な換算方法は
「ベトナムドンのゼロ下2桁を取って÷2」です。
例)100,000ドン→500円
※ベトナムドンは紙幣のみ。

しかし、お札が色分けされているとはいえ咄嗟にゼロの数を把握できない。
お札の人物は、ベトナムの英雄「ホーチミン」。全てのお札にホーチミン。

泊まったホテルのマネージャーにそのことを言ったら、

「確かにそうだけど、逆に考えるとミリオネアになった気分にもなれるよ😉」
とのこと。ものは考えようだな・・と感心した。

そして、今回はホテルのエアポートピックアップサービスを予約していたので、ちゃんと待っていてくれるか不安だった。(すでに伝えていた時間から1時間経過)
待ち合わせ場所に行くと、タバコ吸いながら待っててくれた😭待ちくたびれただろう‥

驚いたのが、携帯をいじりながら運転していたこと。
誰かとめっちゃLINEをしていた。
怖いよ〜大丈夫かよ〜とヒヤヒヤしつつ、約40分程でホテルへ到着。

市内までは約30分くらい。空港から市内のアクセス方法は4つのみ。
・バス
・タクシー
・grab(ウーバーみたいなもの)
・ホテル送迎サービス

送迎サービスは大体のホテルが有料オプションとしてつけているので
事前にリクエストして往復分を予約。

ホテルに到着した時点で既に夕方、何だか気疲れしたので街へ繰り出す前にしばし仮眠を取ることにした。
限られた時間で昼寝するんかいwと勿体ない気もするが、
こういう小休憩が好きなように取れることがひとり旅の醍醐味であろう・・・

あけまして2020

あけましておめでとうございます!

iPhone 11を買ったよ〜!!!という記事を投稿してからしばらく更新しておりませんでしたが、なんとか元気でございます。

昨年は、こんな稚拙なブログをお忙しい中時間を割いて読んでいただき大変感謝しております。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

12月から仕事が鬼のように忙しかったのですが、なんとかサバイブしました。
iPhone 11は非常に使いやすくて、特にカメラの性能が凄く早速旅行に大活躍。

そう、年末から
ベトナム・ハノイ また台湾に1週間行ってまいりました。

相変わらずの一人旅でしたが、また旅行記でも書けたらいいな〜と思っております。

今年は20代最後の年になりますが、焦ることなく自分らしく頑張っていけたらいいなと思います!😋

‥ってそんな良い子チャンではないので、そりゃもう焦り、焦り、焦りしかないよね〜!!!

新年早々、あ●のり桃の再婚ブログを見て笑い転げました。そんな人間です。

今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

iPhone11へのデータ転送が簡単だった

流行りに乗ってiPhone11を買いました。
アッポーのウェブサイトから。

新端末へのデータ転送の仕方がiCloudバックアップを使わなくても簡単にできるようになったらしいので、早速やってみた。

電源を入れます。


いつものように多言語でご挨拶して下さいます。礼儀を弁えていらっしゃって素晴らしい。
 

クイックスタート


旧端末に近づけると、自動的にデータ転送用画面が出る。科学の進歩ってすげ〜
ちなみに、iOSのバージョンは11以上にしておくこと、電源に繋いでおくこと、Wi-FiとBluetoothはオンにしておく必要あり。

新しいiPhoneを認識させる


この、新端末に表示されている青いモヤモヤを旧端末のカメラで読み込ませる。異次元への扉みたいで怖い。 

データ転送スタート


あとは勝手に移行作業をしてくれる。その際は両端末を近くに置いておくこと。
大体所要時間は1時間程度らしいが、最初4時間と表示されてゾッとしたが、ちゃんと1時間という表示に戻ってその通りに終了した。

データ転送完了


写真が1万枚、メールも1万通あるヘビー級データ量だったが、ちゃんと1時間程度で終わった。
転送完了後は、新端末が再起動する。
全てきちんと復元されておりました!

SIMカードの入れ替え

端末の電源を切って、元々使っていたソフトバンクのSIMカードを旧端末から新端末へ入れ替え。特になんの設定もせず電話もSMSも使えた。

何も気にしなくていい

今まで新端末は携帯ショップで買って、店員さんが全て設定してくれていたので今回自分でちゃんと設定、転送できるのか不安だったが、1時間放置しておくだけでちゃんとできた。Appleすげ〜天才。



iPhone7から11、どちらもproduct RED…色がかっこいい上に寄付もできるなんてイイネ!

冬の始まりはスタバのジンジャーブレッドラテ

スタバのジンジャーブレッドラテ

昔はその美味しさがいまいち理解できなかったが、気づけば毎年飲んでいる

日本でも、トロントでも、モントリオールでも、ケベックシティでも、ニューヨークでも、飲んだ。

味が好きというよりかは、「普通のカフェラテではなんか物足りない時に頼む」という位置付けと、
単純にこれを飲むと冬の到来を感じる
という二つの理由がある。

まぁ、ふかいこたぁ考えず、休日にキャッフェっでボーッとして雑念を取り払うことが必要なのである

千円も払って‥

【台湾】「京盛宇」でテイクアウトの絶品台湾茶を楽しめた件

台湾といえば‥

ですよね。

お茶大好きな私めにとっては楽園でございます。
でも台湾茶って、お茶屋に行かないと飲めないというイメージがあったのだが‥
なんと、テイクアウトで本格的な台湾茶を楽しめる「ティースタンド」なるものが存在するのである。
味もサービスも、かなり感動したのでご紹介します。

「京盛宇」の阿里山烏龍茶(冷)

お、おしゃれかよ〜〜〜?!?!

そう、テイクアウトでこんなおしゃんなボトルに入れてくれます。

注文したら1杯ずつ丁寧に淹れてくれる


カウンターで注文すると、このように茶器を使って1杯ずつ丁寧に淹れてくれる。す、すげ〜!!スタバのお茶バージョンかいな
思わず写真を撮る私、照れる店員さん。

お茶の種類は沢山あったのでどれにしようかかなり迷ったが‥
安心してください‥日本語メニューありますよ。
店員さんも、優しくおすすめを教えてくれた。謝謝。

お茶はアイスorホットどちらかを選べるのだが、アイスだと先ほどの写真のようなボトルに淹れてくれる。ボトルもしっかりしていて、何回でも使えそう。しかもかわいい。5月だったから、春限定の桜が舞っているパッケージになっていた。 
か、かわE〜〜!(いちいちうるさい)


味は言わずもがな、
マジでうまい

阿里山烏龍茶を頼んだんだけど、一つずつ淹れていただいたお陰か、甘みと渋みのバランス(?)がちょうど良くて美味しい〜!!!ガブガブ飲める〜最高〜!!!!このお湯に浸かりたいくらいうまい〜〜!!!!

店員さんがめっちゃ優しい

私が何を選ぶが迷ってたら、つたない日本語で一生懸命、ひとつずつ説明してくれた(涙)

そして、淹れてもらったお茶が本当に本当に美味しくて、「ハオツーハオツー!!」と繰り返してたら、凄く喜んでくれて、最後私が帰るときに両手を振って「バイバーイ!!」とお見送りをしていただき、大変感動的な別れであった‥台湾suki‥

お土産のティーバッグもかわいい


もちろん、持ち帰り用の茶葉やティーバッグも充実。
あまりにも美味しかったので、追加でお土産として「ジャスミン茶」と「阿里山烏龍茶」を購入。水出しでも使えてかなりクオリティが高い。香りもとても良い。蒸らしている間、相当癒される。味も勿論美味しい。茶葉がしっかりしているので、2回くらい淹れることができる。


こんな感じ。ガブガブ飲める。(そればかりやないかい)
主に、日曜の夜、明日仕事という現実を受け止めたくない時にリラックスするために飲んでいる‥。

新光三越台北駅前店の地下2階にあるよ


※左側のビルです

台北駅地下街Z4番出口からすぐ。三越は台湾にもあるんですね〜!デパ地下内にお店があります。

優しい店員さんと本場の台湾茶を気軽に楽しめるので、街歩きのお供に是非。

カルディのタンツーメン(担仔麺)で台湾気分を味わえる件

ああ〜〜〜!!!台湾に行きたい!!台湾のあの味が恋しい!!アジアアジアしたいものが食べたいんじゃ〜〜!!

と、心の中のノブが欲望を垂れ流した時、
我々は聖地〜サンクチュアリ〜へ向かうのです。

そう、カルディへ。

そこで購入できる、台湾欲を満たす代物をご紹介します。

担仔麺

台南発祥の麺料理
それが、カルディで買えるなんて。


作り方

パウチを温めます。

用意した麺の上にかけます

一瞬で出来ますな!!!!!!!
なんか、写真を載っけたことが恥ずかしくなるくらいサルでも出来る。

※緑色は自分で入れたほうれん草です
※スープが見えませんがちゃんとはいってます

お味

ああ、台湾の香りって感じ。八角と五香粉がフンワリ。
具は挽肉のみ。欲が満たされる〜〜五臓六腑に染み渡る〜〜〜!!

本場の担仔麺を食べたことがないのだが、Twitterで「これは本物の味」と呟いていた人がいたので多分、そうなんだと思う。

ちなみに私は本物を食べたことがないのに、既にこれは5回くらい食べました。
スープがめっちゃおいしい。全部飲み干す。

台湾のあの味が恋しい人は是非。
心の中のノブも、落ち着きます。